VRCの効果

高血圧

高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなって固くなったりして、動脈硬化を起こしやすくなります。VRCは高血圧の原因になる肥満やストレスの解消にもおすすめ。運動が苦手な方はVRCを15分行った後、軽く散歩をするだけでも改善が見込めます。

動脈硬化

動脈硬化が起こる際、血管の内皮細胞が傷つき血管壁から剥がれ落ちるという現象が起こります。そのため、動脈硬化の始まりを食い止める為には内皮細胞の状態を良くすることが先決。VRCは血管の内皮細胞の機能を向上する簡単で安全な方法です。

脳卒中・心筋梗塞

血管病とも呼ばれ、日本人の死因の約25%を占める危険な病気です。これらは、血管が詰まる、血管が膨らむ、血管の機能に異常をきたす、先天性の異常があるなどが原因です。先天性を除いては血管の状態を常にケアしていれば起きにくいことです。VRCを使えば、歯を磨く感覚で日々血管のケアが簡単にできます。

認知症予防

一番多いとされるアルツハイマー型や次いで多い脳血管性認知症の場合、血管障害を起こさないことが予防の鍵を握ります。脳などカラダの末端まで血液を届けることは歳をとるごとに難しくなっていきます。VRCは寝たきりの方でも利用可能ですので、運動ができない方でも無理のない範囲からケアを始めることが可能です。

冷え解消

体温は血液が全身にめぐって保たれていますので、冷えを感じる方は、まずはVRCでこれまで行き届いていない末端の毛細血管にまで血液を送り体の末端にまで血液を届けましょう。そして、同時に軽い運動を行い、最終的にはご自身の力だけで全身の巡りが保てるよう筋力強化をしていきます。いろいろ試したけれど効果がなかったという方に、ぜひおすすめの方法です

花粉症

花粉症などのアレルギー性疾患と血流は密接な関係があります。血流が滞ると、免疫反応を司る「副腎皮質ホルモン」のバランスが悪くなり、異物を過剰に攻撃してしまったり、逆に攻撃力が弱くなってしまいます。薬などで花粉症の症状を抑えることはできますが、根本の解決にはつながりません。VRCは血流を良くするため、花粉症の症状緩和へもつながります。

免疫力向上

免疫細胞は体の各所で作られ、異物がいないか血液によって全身をパトロールしています。また、異物を見つけるとその箇所へ免疫細胞が急速に集まって異物を攻撃しますが、血流が悪いと異物への攻撃反応が遅れます。体調の良い時に血流改善をしておくことは、万が一病気になりそうな時の備えにもなります。

肌の再生力UP

顔色が悪い、肌がくすんで見えるなどは血流不良が原因です。また、肌の奥にある真皮層には血管が通っていますが、ここで血液から十分な栄養が届かないと、肌質がごわごわしたり、シワや乾燥などを引き起こします。血流を上げると、肌のターンオーバーが正常に戻りこれらのトラブルも解消されていきます。VRCは簡単な操作と短い時間でできますので日々のケアに取り入れていただくと効果的です。

筋疲労の緩和

肩こり、腰痛、首のコリなどは、長時間同じ姿勢をとって特定の筋肉が緊張し続けた結果、その筋肉の血流が悪くなり痛みを発症している状態です。肩こりであれば腕のカフをつけてVRCをするようにしてください。痛みを感じるところに近いほうのカフ(腕又は脚)をつけて行っていただくことにより、より効果を早く実感いただけます。

むくみ緩和

長時間座った後など一時的にむくみを感じている方は1回のVRCでも効果を感じていただけます。また、慢性的なむくみでお悩みの方は、1日2回を3か月など少し長い期間で定期的にご利用いただくと症状が緩和されていくケースが多いです。下半身のむくみにお悩みの方は特におすすめです。

自律神経を整える

寝つきが悪い、気分が落ち込み気味などは自律神経を整えることで症状が緩和されることがあります。VRCで行う血管を絞めたり緩めたりする状態は、交感神経と副交感神経の振れ幅を整える効果があります。普段緊張状態が多い方はリラックスができ、普段気持ちが落ち込み気味の方は心地よい刺激を感じていただけます。

筋力を上げる

VRCを使ったトレーニング(貯血トレーニング)は、一般の方からアスリートまでその方のレベルに応じで筋力アップが目指せます。一般の方であれば体の引締めや歩行など。高齢の方であれば動きの補助になる筋力づくり。アスリートの方には、その競技に使われる筋肉を普段使う形で強化することが可能です。