血流改善


VRCは血液が全身を巡りやすい血管環境づくりを目指します

体内の血液循環

血管は約10万㎞(地球2周半相当)もの長さがあり、体重50㎏の人で4ℓもの血液を約1分間で全身を巡っています。そしてこの血液循環は、細胞に酸素や栄養を運んだり、老廃物や二酸化炭素を回収する他、体温を一定に保つなどの役割も持ちます。私たちはこのような素晴らしい生体システムを生まれながらにして備えているわけですが、通り道である血管がボロボロではそのシステムがうまく機能しません。

あなたは血管の状態に自信がありますか?

血管の仕組み

私たちの体は、血管を通じて血液が糖分や酸素など生活に必要なものを運び込み、その一方で、炭酸ガスや体内でできた老廃物を運び出して処理する仕組みになっています。

動脈も静脈も、基本的には「内膜」「中膜」「外膜」の3つの層からできています。毛細血管だけは内膜のみです。

また、血液と接しているのが「内膜」で、その表面は「内皮細胞」という細胞の層に覆われています。この細胞層は血液から必要な成分だけを取り込むフィルターの役目をしています。

VRCは内皮細胞の機能を向上させ血管を強くします

VRCによる内皮細胞機能向上

動脈硬化の予防、改善にも

動脈硬化は血管にコブ(プラーク)ができ、そのコブ破けて血栓ができると血流が完全に遮断され、血流障害を起こします。この血流障害は脳梗塞や心臓病など死因原因の上位にくる病の発症の引き金になります。プラークができるきっかけは血管の内皮細胞が傷つくことから始まることが多くあります。動脈硬化の予防や改善には、積極的な内皮細胞の機能レベル向上を心がけることが大切です。