血管の病気は「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」と呼ばれるほど自覚症状が出づらく、日頃のケアが血管の病気予防において重要な役割を担います。

脳卒中

動脈硬化でできた血栓がはがれて脳に至ったり、脳自体に血栓ができると脳梗塞になる。

心臓病

血流が悪くなったりけいれんが起きると狭心症に。血流が完全に止まると心筋梗塞に。

大動脈瘤

動脈硬化によって弾力が失われた血管が徐々に膨らむこと。破裂すれば命に係わる。

血管力を低下させる要素

VRCセッションは血流をよくする働きだけでなく、柔軟で弾力がある、しなやかな健康で若々しい血管へ導きます。

動脈硬化

血液中で増えすぎた悪玉コレステロールが原因でコブ(プラーク)ができると、血管の内側が狭くなり血液が流れにくくなっていきます。

加齢

加齢による毛細血管の減少や筋肉量の減少は血流を悪くする要因のひとつです。