健康の維持向上をさせる技術を提供
 

 

LIFE supports

株式会社ライフ サポート

VRC開発

 

私は長らく航空宇宙医学、航空宇宙生理学の研究に携わる中で、人間の持つ能力をいかにして発現させるかということをライフワークとして研究に取り組んできました。その研究の中で開発したVRCは血圧測定並みの簡易さで、劇的な血流促進をもたらします。この方法は様々な分野で活用でき、人間の持つ潜在能力の発現に寄与するものと考える次第です。

開発者紹介

山﨑 由久 Yoshihisa Yamazaki


航空宇宙生理学の専門家。 東京教育大学(現筑波大学)卒業、米空軍航空学学校修了、東邦大学医学部にて博士号取得。 大学卒業後、航空自衛隊に入隊後パイロットの生理訓練関連装置開発運用(低圧、低酸素環境、耐G、空間識失調、射出座席等)に携わり、航空医学実験隊、航空開発集団医務官等を経て、川崎重工業に入社。 航空宇宙技術本部、宇宙機器設計部にて宇宙飛行士の訓練設備の設計及び宇宙服の導入に携わる。 その後、JAMSS(有人宇宙システム)に入社し、宇宙飛行士の養成のための生理訓練等を担当し、JAXA(宇宙開発機構)との契約で、宇宙飛行士健康管理業務の研究支援等を実施した。 退職後、宇宙飛行士の筋力、骨量減少対策として、血流制限状態を定量的に調整する装置を用いた運動法や、血流改善用の駆血法などが出来る機能を備えたVRC装置を開発。